【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐ダンサーならわかる?インナーマッスルがなかったらどうなるか-ダンサー専門パーソナルトレーナーの矢矧 大彰

ダンサーならわかる?インナーマッスルがなかったらどうなるか

ダンサーならわかる?インナーマッスルがなかったらどうなる

初心者向けOne Moveで動きの質を向上させる
ダンサー専門パーソナルトレーナーの矢矧(やはぎ)です。

「ホチキスで固定させる」

前回、インナーマッスルには
関節を固定する働きがあることをお話しました。

この関節の固定が必要な理由を、今回は少しお話します。

例えば、腕を使った振り付けをしたとします。
腕を曲げたり、伸ばしたり、バンザイしたり、腕を降ろしたり、
ときには回したり。

これらの動きがやりたいけど、
肩の関節が止まっていなかったら、どうなりますか?

「腕は、動きません」

ホネの標本みたいな感じです。
針金などで、仮止めされている程度では動かないですね。

では、大きな筋肉を肩周りに取り付けてみましょう。

腕、肩、背中の目に見える筋肉だけが、
肩の関節を止めています。

そこから、動かしてみる。

前後に腕を振るように、
大きく、早くバンザイと腕を降ろす動きを繰り返す。
勢いがついたら、グルグル腕を回します。

ブンブン腕を回すうちに、
遠心力で肩の関節が外へ引っ張られる。
でも、対応する筋肉はない。

カラダの中心に向かって、引き込む力がないため、
肩から腕が引きちぎれます。

このとき、遠心力で引っ張られた肩の関節を
カラダの中心に引き戻す役割を持つのが
インナーマッスルになります。

分かりやすくしてみますね。

2枚の紙があります。

①クリップで左角を止めて、
1枚をクリップと反対に引っ張ると簡単に取れますよね。
これが、大きな筋肉だけが関節を止めた状態です。

②ホチキスで左角を止めてみると、どうでしょう。
下に引っ張っても簡単には取れず、
しっかりと2枚の紙が固定されます。
インナーマッスルで関節を止めた状態です。

関節は、
紙をホチキスで止めた上からクリップで補強してるような感じです。

ホチキスだけだと、
2枚を上下反対方向に引き離すと紙は剥がれますが、
クリップがあると上下に対応する力が生まれ、
ホチキスとクリップがお互いに助け合うことで、
強い固定力が保てます。

ヒトのカラダも同じで、
小さな筋肉と大きな筋肉がそれぞれの役割を果たして、
お互いに助け合うため、パフォーマンスアップできます。

ジムで指導しているとほとんどのお客様は、
筋肉をつけたい、筋力を高めたい場合、
偏ったトレーニングになりがちです。

インナーマッスルと
大きな筋肉を同時に使うためのトレーニングや調整をすることが、
カラダのポテンシャルを引き上げて、
パフォーマンスが上がります。

おしまい

ダンサーならわかる?インナーマッスルがなかったらどうなるか-ダンサー専門パーソナルトレーナーの矢矧 大彰

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional