【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐踊りづらい!?脇腹が硬いとき、伸ばすより早い調整法とは?-ダンサー専門パーソナルトレーナーの矢矧 大彰

踊りづらい!?脇腹が硬いとき、伸ばすより早い調整法とは?

踊りづらい!?脇腹が硬いとき、伸ばすより早い調整法とは?

初心者向けOne Moveで動きの質を向上させる
ダンサー専門パーソナルトレーナーの矢矧(やはぎ)です。

「硬いなら伸ばせ!」

この考え方は、今後も変わらぬ名言として、
語り継がれるでしょう。

残念ですが、準備体操と考えるなら
ムダに時間がかかりすぎます。

特にステージ前の余裕がないときは、
心にゆとりが欲しいことでしょう。

時間が惜しいときにオススメな話です。

今回は、今までの常識を覆す調整法をご紹介します!

前回のチェックで、タイプ①の解説から始めたいと思います。

タイプ①は、脇腹が硬いのが特長です。
肋骨下と骨盤の距離が近いため、
お腹回りの捻れが生まれやすく、
腰痛にも繋がるので気をつけてください。

補足:【骨盤の捻れについて】

お腹回りの捻れは、簡単に分けると2パターン。
①前に骨盤が押し出され、脇腹が詰まる。
②後ろに骨盤が引っ張られ、脇腹が詰まる。

例えば、左に倒すのが苦手な場合、
右の脇腹が詰まっています。

横に倒した状態で、捻れ方をチェックしましょう。

左に倒したときに、カラダが少し前に倒れる方は、
右の骨盤が前に押し出されているかもしれません。

捻れタイプ①。
逆に、左に倒したときに、
カラダが後ろに反れていく方は、
右の骨盤が後ろに引っ張られているかもしれません。

捻れタイプ②。
骨盤が捻れている両タイプとも、
下半身の動きにネガティブな影響を与えるので
怪我に注意してください。

捻れは前後、上下の歪みを伴いますので
今回は、カラダを正面から見た
脇腹の上下関係の調整法をご紹介します!

最初に立った状態の足の重心を感じてください。
骨盤が前に押し出されている側の重心は、
爪先、指先に加重が乗っていると思います。

この前に重心がある側を調整していきます。

①右を調整する場合、
右にカラダを向けて左手を壁につきます。
横向きになります。

②両膝を揃えるようにして、
左膝を90度に曲げます。
右足で片足立ちをしています。

③バランスを取りながら、右足でつま先立ちをします。
背伸びをするように、
右のつま先でしっかりと床を押しましょう。

④限界までつま先立ちで伸びたら、
脱力してストンと踵を落とします。

これを3回繰り返します。
ストンと落とした振動がカラダを伝わり、筋肉が緩みます。

片方だけ行い、絶対に両方やらないこと。
リセットされてしまいます。

左の脇腹が硬いときは、右と逆の調整になります。

終わったら、ぜひ、
横にカラダを倒してチェックしてみてください。

10秒程度で調整できる時短調整法。

条件が当てはまれば、効果的です!

次回は、肋骨の硬いタイプの解説と調整法をご紹介します。

おしまい

踊りづらい!?脇腹が硬いとき、伸ばすより早い調整法とは?-ダンサー専門パーソナルトレーナーの矢矧 大彰

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional