【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐ダンサー進化論【自分らしくあれ】-一撃NONman

ダンサー進化論【自分らしくあれ】

ダンサー進化論【自分らしくあれ】

ダンサーのみなさん。こんにちは。
一撃NONmanでございます。

今日は先週に引き続き、オリジナリティーって何か?
を、掘り下げます。

ダンスを始めた当初、
「自分らしくあれ。」
そう先輩から教えて貰いました。

でも、自分らしさって何?
どうやったら自分らしくなれるの?
僕には、全然分かりませんでした。
 
 
あるダンサーに出会うまでは・・・
 
 
義足のダンサーがいます。
彼の名はジュニア。フランス人BBOYです。

彼の特徴は『逆立ち』を中心に踊る点にあります。

立って踊るのと同じように逆立ちでステップ刻む。
彼のスタイルは簡単に真似できません。

こちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=rydSEME7KRg
 
 
ここで、みなさんに注目して欲しいのは、
彼のダンスの凄さではなく、
なぜ、彼が逆立ちを中心に踊ることを選んだのか、です。

足がないという彼の特徴。
立って踊るには不利です。

でも、逆立ちをするにはどうでしょう?
 
 
人よりも足の分だけ体重が軽い点で、
人より有利になるのです。
 
 
彼は僕等に教えてくれています。
「自分らしく」あることとは、
プラスのみならずマイナスも含めて、
『自分の特徴を活かすこと』なんだって。

いい所を伸ばすだけが自分らしさではありません。

自分が劣等感を抱いている特徴だって、
努力と工夫次第で武器になるのです。
 
 
「あなたの特徴はなんですか?」

そう聞かれると、
多くの人は自分のプラスを探そうとします。

無意識に、人より劣る点をネガティブに捉え、
目を背けようとしているのです。
 
 
確かに、普通に見ればその特徴は
ネガティブに見えるかもしれません。

でも、ジュニアのように「逆立ち」して見たらどうでしょうか。

意外にその特徴、輝きはじめるかもしれませんよ?!

また、来週!

ダンサー進化論【自分らしくあれ】-一撃NONman

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional