【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐踊れる筋肉を効率良くつける順序-太田祐宇樹

踊れる筋肉を効率良くつける順序

踊れる筋肉を効率良くつける順序

ダンス専門パーソナルトレーナー
太田祐宇樹です。

どうしたら
筋肉つくのでしょうか?

曖昧な質問ですが
大まかな考え方をしていきましょう。

自分自身の身体能力レベルを確かめながら
順を追って進めていきましょう。
 
  
まだまともにトレーニングをしたことがないのに
重いものを上げる!っていうのは
あまりに現実離れしています。

体を鍛えるには段階があります。

まずは自分の体をしっかり支えられるようになること。

腕立てや腹筋やスクワットのようなことが
問題なく行えて

「十分こなせるか?」

つまり自分の体を支えるに十分な筋力があるか?

ということです。
 
 
これが出来れば、筋肉のベースも出来上がるし
肩周りや股関節、
体幹のインナーマッスルも準備が整ってきます。

これが出来るようになってから、ダンベル運動です。

それまではダンベルを使わないほうがいいでしょう。
(専門的なダンスの練習をしましょう)

急いでダンベルを使っても、
基礎やインナーがしっかりしていないと
ダンベルはグラグラ、肩は固く上に上がりません。

背中や脚をやってもグラついてパワーが出ないのです。 
 
そうなると、やり初めと変わらない状況が長く続いて
一向に前に進まないということが起きてしまいます。
 
 
「まずは、自分の体を支えること」

1、これを数週間きっちり行う
2、焦らずベースを作る
3、そのあとでダンベルや重いものを使う。

それができれば
スイスイと前に進んでいきます。

新しいテクニックを使って刺激を与えて
どんどん体を変えていく。

物事には段階があります。

順序よくやっていきましょう。

see you…☆

踊れる筋肉を効率良くつける順序-太田祐宇樹

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional