【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐踊りは「ノリ」こそ全て-Koppi Mizrahi

踊りは「ノリ」こそ全て

踊りは「ノリ」こそ全て

こんにちは、ヴォーギングダンサーのKoppi Mizrahiです^ ^
 
 
いきなり質問ですが、
ダンサーのあなたはダンスイベントのショーケース、
発表会などのステージ以外の場で自由に踊れますか?

自分のことをダンサーと名乗るなら、答えは当然yesのはず。

何が言いたいかと言うと、
練習した振付しか踊れないダンサーが結構いるんですよね。

クラブに遊びに行った時、
もしくはショーケースがメインのダンスイベントに行った時、
DJタイム中で
フロアの隅っこで何もしていない人たちをよく見かけます。

恐らく出演者と思われるダンサーでしょうが、
いい音が流れてても全然踊らないんですよね。

せめて振付の確認するぐらいで。なんか勿体無く感じます。
と、偉そうに言ってる自分もかつてはそうでしたσ(^_^;)

ある時、難しい動きや技ができるようにはなったけど、
まだそこに足りないものがあることに気づいたのです。
 
 
外国で生まれたストリートダンスを
日本人がやろうとするときに、
多くの人が苦戦するのが、
そのジャンル特有の「ノリ」だと思います。

そのノリがないと、
形だけはできていてもカッコ良くは踊れません。

逆にノってさえいれば、
難しい形ができなくてもカッコ良く見えませんか?

何と無くクラブでノってる黒人って
ダンス上手そうに見えますよね^_^

形を覚えるのは日本人は得意だと思いますが、
それだけでは操り人形のようでぎこちないのです。

ノリを知る手がかりは、やはり音楽です。

前回の記事で
音楽を理解することの大切さについて触れましたが、
フリースタイルで踊るためには
音を身体と心で感じることが大切です。

心で感じれば表情も豊かになり、余裕が出ます。

あとは今の時代、
youtubeなどで世界中のダンサーの動画が見れますから、
そこで研究するといいでしょう。

気持ち良さそうに踊れるダンサーを目指しましょう^_^

踊りは「ノリ」こそ全て-Koppi Mizrahi

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional