ダンスを始めるのに遅いことなんてない

「ダンスを始めようと思いますがまだ早いですか?」

「今さらダンスなんて遅いですよね?」

私には毎日のようにこのようなメッセージが届きます。

もしかしたらあなたも、同じような事を考えていませんか?

最近では小学生のうちから
ダンスを学んでいる方も少なくありません。

中には幼児からダンス、というケースも。

もちろん始めるのに正しい時期なんてありませんから、
いつでもいいと思います。

しかし
「子どもはダンスに興味があるみたいだけど、まだ早いですよね?」

そんなことを聞いてくる方が実際にいるんです。

ダンスはカラダの発育にも良いですし、
考えるチカラも身につきます。

なので
本人がやりたがってて、あなた自身も特に問題がないのであれば
やらせてあげるべきですよね。

私はそう思います。

それとは逆に
小さいころからダンスを学んできたという
お友達や知り合いが身近にいると

「自分が今からダンスを始めても遅い・・・。」

そんな風に考えてしまう方も多いようです。

あなたがダンスで
プロを目指しているのか世界を目指しているのか、
それともただのダイエット目的なのか、理由はわかりませんが、
ダンスを始めるのに遅いなんてことはないです。

私の知り合いには大学のサークルで初めてダンスと出会い、
わずか2,3年のうちに
世界で活躍するダンサーになった方を知っていますが、
なにもそれは特別なことではありませんよ。

なぜならそんな話はよく聞く話だからです。

2,3年のうちに世界で活躍したダンサー

https://youtu.be/aNAnM46Sijk
※ヴォーグ界の女王「KOPPI MIZRAHI」によるハンドパフォーマンス

だからこそ、
ダンスをやりたいと思っているのなら
今すぐにダンスを始めてください。

新しいジャンルを学ぼうと思っているのなら
今すぐにそのジャンルに取り組んでください。

興味があるのにやらない。
これほど損なことはありません。

今日は最後に
ダンサーではないですが、私が心から尊敬する
有名な成功者たちの明言を紹介させてください。

「チャレンジして失敗することを恐れるよりも、
 何もしないことを恐れろ!」
by本田宗一郎 世界のホンダ創業者 

「人生でいちばん悔いが残るのは挑戦しなかったことです。
 新しい可能性に挑んで、失敗したことではありません。」
by柳井正 ユニクロ創業者

「だからさ、うだうだ言ってないで挑戦しようよ。
 そして失敗しようよ。君らが守ろうとしている得体の知れんものは、
 未来の可能性を放棄してまで守る価値のあるものなのか、
 もう一度よくかんがえてごらん。」
by高橋がなり ソフトオンデマンド 創業者