【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐ダンスのこだわりと目的はリンクしているか?

ダンスのこだわりと目的はリンクしているか?

ダンスのこだわりと目的はリンクしているか?

ダンス初心者の方はまだないかもしれませんが、
そこそこキャリアも実力も伴ってくると自身のダンススタイルに
一つのこだわりが出てくると思います。

しかし、これまで多くのダンサーを観て、
また、そんな彼らと会話をしている中で、
意外にこだわりと目的がズレてしまっている方が多いようです。

こだわりと目的のズレとは、
簡単に言えば
東大に受かるために勉強そっちのけで
頭に良いとされる魚をひたすら食べているようなものです。

このたとえ話を聞けば
どれだけ馬鹿げているかは誰でも理解できると思いますが、
残念ながら多くのダンサーは
これくらい馬鹿げたレベルのズレに気づいていません。

たとえば、あるダンサーは
バックダンサーの仕事をするのが目的です。

しかし、彼のこだわりは
ダンサーにしか理解できない細かい違いの高度な技。

どんなジャンルでも
素人目にはわかりにくい
細かい違いの技術というものがあると思いますが、
目的がバックダンサーであるのなら
そのこだわりは無駄でしかありません。

他にも、
コンテストで優勝を目指しているというある女性。

彼女の目的は「コンテストで優勝」

しかし彼女のこだわりは
〇〇さんにそっくりなダンススタイル。

そうです。
彼女はこの〇〇さんをたいへん尊敬していて、
瓜二つになるために日頃から研究をしているそうです。

これでコンテストを優勝できるのは
せいぜい町おこしで開催されるような
ダンスコンテストくらいでしょう。

本格的なダンスコンテストでは通用しないことくらい、
多くの方が理解できるかと思います。

ただ、当の本人は盲目状態になっているため、
このこだわりと目的にズレが生じていることに
気づかないことが多いのです。

なので、何かこだわりを持つ前に、
まずは目的を先にハッキリさせておくことをお勧めします。

その目的がはっきりした後に、
これからダンスのどこにこだわるべきかを考えれば
ズレることなく、
まっすぐと目的に向かって進むことが出来るでしょう。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional