【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐ダンスをやってて本当に良かった?

ダンスをやってて本当に良かった?

ダンスをやってて本当に良かった?

ダンサーたちを観ていると、
本当に踊るのが好きなんだなぁと
いつも感心します。

一生懸命に練習をするのは当たり前で、
コンビニの店内で流れる音楽にまでリズムを刻んでしまう。

きっと、心の底からダンスが好きなんでしょうね。

でも・・・。

ダンスをやっていて本当に良かったですか?

なぜ、ダンスを選んだのですか?

野球じゃダメだったのですか?

ピアノでもいいんじゃないですか?

きっと、ダンスが好きだという想いには
理由なんてないですよね。

あなたが感じたままにダンスが好き。

今日はダンスが好き、この気持ちから
さらにレベルアップして
ダンスが愛おしくなるお話をします。

なぜ、こんなお話をするかというと
ダンスが「好き」から「愛おしい」までレベルが上がると、
あなたのダンスに対する真剣度も増し、
もっともっと上達すると思うからです。

それに、あなたが当たり前と感じている
「踊れるという環境」

これはダンサーではない他の方にとっては
本当はとても特別な環境なんです。

なので、もっとダンスを愛おしい存在に感じ、
四六時中ダンスに夢中になれるお話、ぜひお聞きください。

【ココから先は静かな場所で読んでください】

あなたはダンサーです。

ダンスのおかげで
たくさんの楽しい思い出を手に入れました。

あなたには特に3つ。

最高に嬉しかったダンスの思い出があります。

それを改めて思い出してください。

(3つの思い出をしっかりと思いだし、
 余韻にひたったら次を読み進めてください。)

あなたはもう、ダンサーではありません。

それどころか、
さっき思い出した思い出は以前みた映画の話でした。

あなたが特別に感じていたダンスでの思い出は
実は幻だったのです。

いつも練習していたはずのあの時間帯。

現実はただ、テレビを観てボォ~っとしていました。

あなたには思い出も、ダンスもありません。

あなたはダンサーではなかったのです。

(3分間、真剣にイメージした後、次に読み進めてください。)

おめでとうございます。

あなたはもう一度、
ダンサーだった頃に戻ることが出来ました。

テレビを眺めてボォ~っとしていた
虚しすぎる時間も
今日からまたダンスで楽しむことが出来ます。

あなたの特別な思い出も
これからもっともっと増やすことが出来ます。

あなたがダンスに出会えて本当に良かった。

あなたがダンスを踊れる環境にいて本当に良かった。

あなたは今日も特別です。

数分前と今。

あなたのダンスに対する想い。

ダンスはもっと好きになれましたか?

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional