【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐ダンスの学びの幅を広げる

ダンスの学びの幅を広げる

ダンスの学びの幅を広げる

風邪や怪我などで
ダンスを休まなくてはいけない場合、
気持ちや頭をリフレッシュする為に
完全にダンスをお休みするのもアリですが、
工夫次第ではダンスを踊らなくても
ダンスの実力をつけることは可能です。

例えば有名なのが
イメージトレーニング。

このイメージトレーニングについては
読者にもすでに実践している方も多いと思いますが、
実際に実績をあげているダンサーは
例外なくおこなっています。

このイメージトレーニングは
無音の状態でももちろん可能ですが、
自分がこの曲を使ってステージで踊りたいと思える曲だと
気分ものってくるのでオススメです。

他には動画やDVDで
他のダンサーの踊っている映像を観て学ぶというのも
とても有効です。

ふだんマンネリ化しやすい練習や動きも、
たまにこういったものを観るだけで変化を与えてくれるので、
風邪や怪我をしてダンスを休まなければいけない時でなくても
ぜひお勧めしたいと思います。

また、ダンス以外でもぜひ観ていただきたいのが、
カンフーアクション映画です。

これはカンフー限定というわけではありませんが、
格闘技で動きが特に派手に見えるようなものであれば
ダンスにも応用した時にカッコいいのでとてもオススメです。

それ以外でも見落としてはいけないのが
栄養学やカラダのしくみについてです。

ストリートダンスは日本での歴史が浅いため、
関連書籍が少ないですが、
同じカラダを使うスポーツなどでは
当たり前の分野になります。

ろくにきちんとした栄養も取らずに激しい練習をして、
「練習をしているのにステップにキレがでません」

という方が稀にいますが、
これは愚の骨頂といえます。

栄養をしっかり摂り、休息をきちんと行い、
一生懸命練習をすることで
はじめて本来のパフォーマンスが発揮されます。

ただ、ふだんから栄養学を学ぼうと言っても
なかなかそういった時間もないでしょうから、
怪我や風邪で休まなければいけない時こそ、
違った視点でダンスを見つめ直してみてください。

あなたが輝ける要素はまだまだたくさんあるはずです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional