【ワンムーブ】ストリートダンスで変わる世界 ストリートダンスの情報館『ONE MOVE』‐出来るダンサーは苦手を克服しない

出来るダンサーは苦手を克服しない

出来るダンサーは苦手を克服しない

人には何事も
向き不向きというものがあります。

それはもちろん
ダンスを踊るうえでもそうです。

私はお恥ずかしい話、
ダンサー達と仕事をするようになって
初めて知ったのですが、
プロダンサーの中にも即興で踊るのが苦手な方、
その反対に振付が苦手だという方がいるのを知りました。

ただ、彼らの場合は
自分自身の強みもよく理解されているので、
即興で踊るのが苦手だというプロダンサーは
ふだんは振付のお仕事を積極的におこなっていますし、
逆に振付は苦手だけど即興が得意という方は、
今も海外のソロバトルで活躍されています。

彼らの場合はそれ以外にも
自身の得意としているものを熟知し、
それを伸ばすことによって個性となっています。

「長所を伸ばす」

これは一見、
ごく当たり前に言われている事だと思いますが、
まだプロとして活動されていない方、
大会で賞をとれていない方は
このあたりを理解できていないようです。

自分の長所を理解し、そこを伸ばすことで
それがあなたの強みとなり、あなたの個性となります。

世界的にみても、
「なんでも出来る凄いダンサー」
よりも
「コレに関して特に凄いダンサー」

のほうが圧倒的に多いですし、
その方が認知もされやすいのです。

実際に、今あなたが尊敬するダンサーを
5人ほど思い浮かべてください。

なんでも出来てしまうというダンサーよりも
あのダンサーのココが凄いから尊敬するという人の方が多いはずです。

そんな一部が特化した尊敬するダンサーたちが、
もし、苦手分野にばかり時間をかけていたら
きっと彼らの存在は知られなかった事でしょう。

苦手を克服するということは大事なことですが、
苦手はやらないという選択肢もあるということです。

時間は限られていますから、
最短で突き抜ける分野を一点集中で取り組んでみてください。

そうすれば、必ず良い結果が得られます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional